松本JCブログ

【報告】会員会議所会議in松本

5月24日、松本の地で「公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 長野ブロック協議会 第5回 会員会議所会議」が開催されました。

少し前となり大変恐縮ですが、「出向者連絡特別会議 6月度活動報告」に追加させていただきました。

ぜひ、皆様、ご一読ください!

報告が遅くなり、申し訳ございませんでした。

↓の画像をクリックしていただいてもジャンプします!

【報告】第59回地区フォーラムin七尾

7月7日(土)に石川県七尾市にて、公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 第59回地区フォーラムが開催されました。

当LOMからは、「北陸信越地区ビジョン確立会議」に岩﨑正彦副議長、望月貴弘運営幹事、尾上浩一委員が出向しております!

小山北陸信越地区会長からのご挨拶 心から夢が描ける北陸信越の実現を大いにお話しいただきました。

三橋貴明氏によるメインフォーラム「地域が豊かになる!」~インフラ推進で経世済民~

七尾市の祭りで「奉燈祭り」!!その祭りに出るキリコと呼ばれるものです。
普段は和倉温泉の観光組合に展示されてるもので、ミニチュア版です。実際の祭りに出るものは写真のものの3倍はあります。

ここから出向者の活躍を・・・

アンケート配布準備をしている尾上君

来賓リボンの準備万端!!望月運営幹事松本青年会議所のメンバーにとって実のある時間となりました!!

地区フォーラムも無事終了し、次はいよいよサマーコンファレンス2017が横浜で開催されます。

日本青年会議所の運動もいよいよ集大成を迎えます。今後も出向者の活躍をお楽しみに・・・。

出向者連絡特別会議 議長 小林篤史

出向者連絡特別会議 6月度活動報告

各出向先の委員会の6月度の活動報告をさせていただきます。

(公社)日本青年会議所

 教育再生グループ

  国史教育委員会 [小林篤史]

公益社団法人日本青年会議所 教育再生グループ 国史教育委員会に出向している小林です。
早くも出向してから半年が経過しようとしています。「この国を1ミリでも動かす!!」
そんな気概を持って、日々運動をしております。ただ、毎日同じ気持ちを持っていられるかと言うと正直しんどい時もあります。
目的が大きいだけに、思うように事が運ばないことは多々あります。そんなときに自分を元気にしてくれるのは、やはりLOMの仲間です。
例会や委員会などで集まるだけで…少し話をするだけで本当に心が軽くなります。自分には帰る場所がある。その場所をもっともっと良くする為、
仲間にたくさんのプラスの情報を共有するために私は出向してるんだなぁ。最近よく思います。引き続き、LOMを代表していい機会を与えていただいていることを
忘れずに機会を逃さずしっかりと頑張りたいと思います。
さて、6月は7月におこなわれる事業の準備を主におこないました。7月17日は障害者支援日の丸チャリティーランが宮崎県で開催されます。


4月29日に東京でおこなったチャリランを新聞で読み、「是非宮崎でもおこなって欲しい」という車椅子ランナーの方からの投書を受けて開催に至りました。
自分たちの運動が全国に広がるチャンスですので、沢山の人を巻き込みたい!そんな気持ちを持って現地調査へ行ってきました。
あいにくの天気でしたが、宮崎ブロック協議会の皆様に1日お世話になり、有意義な時間となりました。
障害者も健常者もない、みんな一人の人として、つながっていい世の中を作るために、走り続けます!
さて、7月22・23日はサマーコンファレンス2017がパシフィコ横浜で開催されます!!
日本青年会議所として一番大きな発表そして発信の場です。我々国史教育委員会もフォーラムを2つとパネル展示そして23日の朝には日の丸チャリティーランをサマコン特別開催を
致します!フォーラムでは、皆様の知らない日本の歴史をゲストを交えて、分かり易くお話しさせていただきます。


多くの皆様のご参加をお待ちしております!!

 

北陸信越地区協議会

北陸信越ビジョン確立会議 [出向者:岩﨑正彦・望月貴弘・尾上浩一]

北陸信越ビジョン確立会議の活動報告は6月5日にアップさせていただいた「【報告】理事長サミットが開催されました!」にて報告させて頂きます!

↓画像の早田理事長をクリックしていただいても、「【報告】理事長サミットが開催されました!」にジャンプします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月4日の信濃毎日新聞の2面に理事長サミットの記事が掲載されました。

 

 

 

長野ブロック協議会

信州の価値発信委員会 [出向者:小松英樹・渕﨑文夫]

日本青年会議所長野ブロック協議会、信州の価値発信委員会に出向している渕﨑です。

6月30日(金)、茅野市民館コンサートホールにて、三橋貴明氏講演会『最強の地方創生』〜全県民が豊かになる。交通インフラの整備で信州は爆発的に成長する!〜
を開催させて頂きました。

2時間の講演でしたが、最後の質疑応答では質問が飛び交うほど、大変盛り上がりのある素晴らしい講演でした。

いかに長野県の交通インフラは脆弱か、ただ脆弱だからこそ交通インフラを整備することでいかに長野県が成長できるかがわかりました。

是非、機会があれば三橋貴明氏の講演を聞いて頂ければと思います。

今回、行けなかったな。
あー聴いてみたかったな。と思ったそこのあなた!!

実はすぐに聴ける機会があるんです。

なんと、
7月8日第59回地区フォーラムin七尾にて三橋貴明氏の講演会を開催致します。今回来れなかった方はもちろん、一度お聴きした方もより理解を深めるために、是非七尾へ!

さて、これからは当委員会は9月10日のブロック大会にむけて、準備を頑張っていきます。
ブロック大会も乞うご期待!

 

信州の力確立委員会 [出向者:加藤賢一]

長野ブロック協議会 信州の力確立委員会に出向させて頂いております。加藤賢一です。
7月1日(土)JCカップアンダーイレブン少年少女サッカー大会が開催され、無事に終えることが出来ました。


あいにくの大雨でしたが、子供たちが一生懸命にボールを追いかける姿、それを熱心に応援する保護者やコーチの方々を見て、熱いものが込み上げてきました。
また、グッドルーザーの精神に則ったプレーがそこかしこで見られ、心無いブーイングなども無く、非常に気持ちの良い大会であったように思います。
この大会で勝ちあがった2チームは、これから北陸信越地区大会にて全国への切符を目指して戦いに行きます。是非、皆さんも応援していただければ幸いです。
我が信州の力確立委員会の残る事業は、ブロック大会の一つです。最後まで一致団結して行きます!

 

財政局 [中野勝志・上原聖二]

副財政局長の上原です。
6月15日木曜日に財政審査会議が松本で行われました。


中野財政局長と私は、月末に開催される会員会議所会議に向けて
各委員会の議案を精査し、より質の高いものにする為に奮闘しております。
今回は19:00から始まり、終わりはなんと2時近く・・・記録更新ですね。
毎回色々な議案を見て学ぶ点も多く前向きに会議に出ていますが、まだまだ集中力が足りません。
単純な記載ミスを見落としてしまい、強者揃いの会員会議所で、指摘をされてしまったと財政局長から報告を受けました。
楽天的で大雑把な私も今回は反省しております。
こんな月一の修行の様な場に参加する理由ですが、各委員会の委員長の情熱的な姿、軽井沢から来て下さった石坂運営専務・柴崎事務局長、上田の尾鷲副財政局長の姿を見ると、少ないながらも自分も役に立ちたいという思いに駆られるわけです。
ちょっと話は盛り気味ですが、各委員会の事業が上手くいきます様今後もサポートして参ります!

最後に、帰宅時の夜明け写真を送って下さった運営専務!

7月は日の出写真にならないよう「チーム財審」頑張りましょう(笑)

 

事務局 [三村敦]

長野ブロック協議会 事務局に出向している三村です。

5月24日、松本の地で「公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 長野ブロック協議会 第5回 会員会議所会議」が開催されました。

「会員会議所会議」とは何ぞや!?と思う方もいるかと思いますので説明します。

長野県内の青年会議所理事長が一堂に会する会議で、簡単に言うとG7みたいなもんです。

長野県内GDPのおよそ20%をこの会議に出席されている方々が占めていると言われています。なので、会場付近には強面のSPが何人も・・・(私は見たことはありませんが)。

そんな会議を県内青年会議所が持ち回りで担当させていただいております。

そんな由緒正しき会議風景はこちらです。

早田理事長はスローガンのごとく「早く松本の夜の街にリリースを」と会議でも懇親会でも言っておりました。

「早く会議を終わりにさせよっと♪」という邪な考えは1mmもなく、松本の街を楽しんでもらいたい。そして、松本の街に少しでもお金を落としてもらいたい「松本心」の一心でおっしゃられた言葉だと思います。さすがです。

 

事務局では会議の設営・懇親会の設営を担当させていただいておりますが、そんな早田理事長の想いとは裏腹に、今回は設営の不備が多々あり、結果として終了時間が予定よりも30分以上延びてしまいました・・・。

詳細はここでは言いませんが、事業を行う上で大事な要素が抜けていたことを痛感いたしました。

 

■指示系統は1つに!

指示する者が複数人いると現場は混乱してしまいます。

■報・連・相を確実に!

慣れてくると馴れ合いが生じます。「当たり前のことを当たり前にやる」。簡単なようで実は疎かになってしまいがちです。

 

出席された皆様には、大変ご迷惑をお掛けしました。

今後このようなことがないよう上記2点を含め、正確に確実に業務を遂行していきたいと思います。

 

今回は失敗を糧にする形になってしまいましたが、ビジネスパーソンに必要な要素を習得することができました!

現役松本JCの皆さん、このブログを見て頂いている人事部・総務部の方々。

人材育成は「長野ブロック協議会 事務局次長」で決まりです!

 

最後に早田理事長と世界のシバザキ事務局長の貴重な2ショット写真を!

【報告】理事長サミットが開催されました!

6月3日に(公社)日本青年会議所 北陸信越地区協議会が「理事長サミットIN軽井沢」を開催しました。
新潟・長野・富山・石川・福井の5県から全67のうち62の青年会議所の理事長が集まり、「JC版地域総合戦略」を共有しました。総合戦略では地震などの大規模自然災害が起きた時のリスク分散について触れられました。その中には未着工の高規格道路計画の推進や北陸新幹線の延伸などのインフラ整備促進の必要性も盛り込まれております。
このサミットでは、原体験から自らのビジョンを実現された小林りんさん(私立国際高校インターナショナル・スクール・オブ・アジア代表理事)の講演もおこなわれ、実現する力を高めることは、その先にある街の発展や未来を創造し、身近な問題を解決に導くことで、誰もが夢を描ける日本への回帰につながっていくと言う考え方も共有をしました。
松本JCからは早田理事長が参加をしました。
また、この理事長サミットを企画運営した「北陸信越地区ビジョン確立会議」に副議長として岩﨑正彦君、運営幹事として望月貴弘君、委員として尾上浩一君が出向をしております。
 
3名の出向メンバーが大活躍した理事長サミットの成果が日本を変える第1歩になればと思います。
7月8日には「地区フォーラムIN七尾」も開催されます!引き続き頑張ってください!!
出向者連絡特別会議 議長 小林篤史

【報告】第36回全国城下町シンポジウム福井大会

5月26日(金)~5月28日(日)の3日間、福井県福井市にて「第36回全国城下町シンポジウム」が開催されました。この全国城下町シンポジウムですが第1回大会は松本青年会議所が主幹をし、さらに節目となる第30回大会も2011年に松本で開催をされており、我々現役メンバーにとっても、非常に深い繋がりを感じる大会です。

福井市は、戦国時代に朝倉氏の築いた一乗谷、柴田勝家が開いた北ノ庄城、徳川家康の次子でもあった結城秀康の開いた福井城と次代の異なる3つの城址を有し、全国有数の城下町として栄えてきました。また幕末期に橋本左内や由利公正をはじめとする多くの偉人を輩出したことでも知られています。

順番変わりますが、福井の歴史については28日開催されたメインフォーラムにて講師の金谷俊一郎様から詳しいお話を聞きました!

さて、この全城シンを契機に「城下町まちづくり都市交流提携」を締結している青年会議所があります。

「公益社団法人 弘前青年会議所」です。弘前は城下町・第二都市(県庁所在地は青森市)・りんご・Barの街・国立大学本部・自衛隊基地など松本と共通点が数多く…何より2011年の全城シン開催時の全城連事務局という関係から今も提携につながっております。

今回はこの弘前青年会議所と合同ブースを「福井育都祭」の中で出展いたしました。テーマお互いの街の宝であるリンゴを使ったお酒シードルです。

甘さが際立つ弘前の「TAMURAシードル」

ドイツのシードルコンテストで最高賞を受賞!

 

松本のシードルはJCメンバーである濵幾洋君の畑で獲れたリンゴを使用!ドライで大人な飲み口のシードルでした。

弘前・松本両メンバーの力で「完売」!!お疲れ様でした!

合同LOMナイトでは席順をランダムして、個々の交流をメインにしました。

たくさんのお酒とたくさんの笑い声、先輩方が築いて来た友情に次世代の新しい芽が出て来ました。

これからも相互交流をしながら、高めあっていければと思います。

弘前JC太田厚仁直前理事長と松本JC早田理事長 お互いのお土産交換この写真からも親睦を重ねられたことが分かります♪皆様お疲れ様でした!

当日参加が出来ないということで、26日に日帰りで出展ブースの備品を松本から福井まで運んでくれた出向者連絡特別会議のメンバー!感謝です!ありがとう!

第30回全国城下町シンポジウム松本大会で実行委員長、そして全国城下町連絡協議会の歴代会長でもある

柄澤深先輩!公開委員会から福井の地でも大変お世話になりました!

来年2018年は島根県松江市にて開催が予定されております!沢山のメンバーと参加をしたいと思います!

2017年度 出向者連絡特別会議 議長 小林篤史

 

第36回全国城下町シンポジウム 福井大会にブース出展します!

第36回 全国城下町シンポジュウム 福井大会が5月26,27,28日の日程で開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達、松本青年会議所は27日(土曜日)の大交流会にて、弘前青年会議所と合同で「シードル飲み比べ」ブースを出展します。

松本で収穫されたりんごで作られたシードルと弘前で収穫されたりんごで作られたシードルを飲み比べできるようセットで販売します。

「シードル」は、りんごからつくったスパークリングワイン。

ぶどうのワインと同じくらい古い歴史があります。

最近では規格外のリンゴの活用方法として注目されています。

当日は2杯セットで500円で販売させていただきます。

ぜひ、皆様、お互いのシードルの違いを福井の地にて味わってください!

 

大会の詳細は全国城下町シンポジュウム 福井大会のホームページで確認お願いします。

 

それでは皆様、福井の地でお待ちしております!

出向者連絡特別会議 4月度活動報告

各出向先の委員会の4月度の活動報告をさせていただきます。

(公社)日本青年会議所

 教育再生グループ

  国史教育委員会 [小林篤史]

 

日本青年会議所国史教育委員会に出向している小林です。
国民の祝日認知向上プロジェクト「日の丸チャリティーラン」が1回目の山場を迎えました!

4月29日と5月3、4、5日の合計4日間皇居ランを行いました!ただ走っただけでなく、今回は新しい御縁がありました。4月29日には日本JCの障害者への支援プロジェクトのスタートとして文部科学省とのタイアップが実現しました。当日は義家副大臣をはじめとする政府関係者の皆様、そして青木会頭をはじめとする日本JC役員の皆様にもご参加いただき盛大に開催することが出来ました。


またGWの3日間はランニングイベントを手掛ける「RUNワールド」さんとタイアップをしてランニング講習会を企画しました!皆さん!運動時の正しい靴の履き方知ってますか?これだけでも運動がとても気持ちよく出来るようになります。JCに入ると〇〇kg太った!ってJCあるあるの1つですよね(笑)って私もその1人ですが、運動って本当に心も身体もリフレッシュされます!次回の開催は7月17日海の日です。一緒に走りましょう!是非参加をお待ちしております!

 

北陸信越地区協議会

北陸信越ビジョン確立会議 [出向者:岩﨑正彦・望月貴弘・尾上浩一]

 

日本青年会議所北陸信越地区協議会北陸信越ビジョン確立会議に副議長として出向している岩﨑です。

4月8日に地区フォーラムが開催される石川県七尾市で第4回委員会が開催されました。

直前の役員会議で審議承認された地区フォーラムIN七尾の議案の説明や、今後予定されている松本青年会議所メンバーが担当している理事長サミット議案の進捗、また北陸信越地区JC版総合戦略議案の進捗、報告等が行われ、各小委員会に分かれての議案の作り込みや意見交換が行われました。

委員会後の意見交換会も七尾で行われ、議長がやっているお店も含め4件ほど行き、七尾市の(夜の)街の発展に貢献してきました…。

5月は担当事業「北陸信越地区協議会第一回理事長サミットIN軽井沢」の審議上程が予定されています。

事業当日に向けて、より精度の高い議案書上程及び事業にできるよう取り組んでいきます!

 

長野ブロック協議会

 

信州の未来選択委員会 [出向者:赤穂大樹・石曽根健司]

日本青年会議所 信州の未来選択委員会に出向している赤穂・石曽根です。

4月23日に塩尻市市民交流センターにて「全国一斉国民討議会 長野県大会」を開催しました。

今回は一般参加者がメインの事業で、メンバーの皆様には傍聴していただくという形でしたが、

一般参加者が憲法について議論している姿を見ることで、青年会議所会員が市民よりも率先して

もっと憲法について考える必要があるのではないか、と感じていただけたはずです。

また私自身、憲法改正発議がなされたときに自らの考えで選択できるように、また無関心にならないよう

今後を考える上で非常に重要な事業だったと感じました。

 

信州の価値発信委員会 [出向者:小松英樹・渕﨑文夫]

4月19日に諏訪の地にて委員会が開催されました。

本委員会の二本柱である「インフラ」と「ブロック大会INみゆき野」について、委員長・副委員長の熱い思いが語られました。メンバー一同今後の活動に向けて一致団結しました。事業等の告知は個別に案内させていただきます。

9月10日は皆様、みゆき野の地に集合してブロック大会に参加よろしくお願い致します。

 

財政局 [中野勝志・上原聖二]

副財政局長の上原です。
4月13日木曜日に財政審査会議が行われました。
中野財政局長と私は、月末に開催される会員会議所会議に向けて
各委員会の議案を精査し、より質の高いものにする為に奮闘しております。
今回会議が紛糾し、気付けば日付が変わりAM1:00 まあこんな日もあります。
中々様子が分からないと思いますので、次月は会議の様子を写真に撮って来ますね。
中野財政局長中心に、各委員会の事業が上手く行きます様これからもサポートして参ります!!

 

事務局 [三村敦]

長野ブロック協議会 事務局に出向している三村です。

4月は「三大鍛錬」の一つ「たこ足配線設置の速さ・美しさが求められる段取り力の鍛錬」をご紹介します。

たこ足配線の設置。

簡単な業務に思われるかも知れませんが、ブロック役員、各LOM理事長・専務理事がストレスなくPCを使用することは実は至難の業なんです。

統計学に基づき計算されたテーブル・イスの配置から始まり、1mmも無駄のないたこ足配線の設置。

歴代の事務局から代々受け継がれた設営マニュアルは実に200ページ!!

知れば知るほど、やればやるほど奥が深い。

それが、「会員会議所会議・役員会議の設え」です!

 

現役松本JCの皆さん、このブログを見て頂いている人事部・総務部の方々。

人材育成は「長野ブロック協議会 事務局次長」で決まりです!

 

出向者連絡特別会議 3月度活動報告

各出向先の委員会の3月度の活動報告をさせていただきます。

(公社)日本青年会議所

 教育再生グループ

  国史教育委員会 [小林篤史]

(公社)日本青年会議所 教育再生グループ国史教育委員会に出向している小林です。3月は私にとって、色々な事を見直す月となりました。まず、恒例の日の丸チャリティーラン「春分の日」が行われました。

結果は大失敗。完全な準備不足でした。また、この位でいいよね?って低い目標設定をしたのも大きな間違いでした。JCは失敗も出来るとは言え、貴重な機会を逸した感があり後悔してます。しかしながら、やっている事は間違っていない。

確実に昨日より今日の方が祝日を意識してくれる国民が増えていると実感はありますので、4月29日「昭和の日」に向けて、しっかり準備して行きたいと思います。
さて、以前もお話したように、当委員会の担いは3つあります。その中の、副教材についてご紹介したいと思います。
主に中学生に向けた副教材を製作しており、現在先生達にプレゼンをして、学校で授業を持たせてもらえるように運動を進めています。
何故教科書ではないのか?と言うと、教科書の場合、内容の検定はもちろん、選定に沢山の審査があり、導入には高いハードルがあります。それに対して副教材は、各学校単位で校長先生もしくは担当教員の判断で導入が出来るそうです。
副教材では、主に国の成り立ち、国柄などを扱います。また書籍で手に入ったら、ご紹介したいと思います!
この国を1ミリでも動かすべく、引き続き邁進して参ります!

 

(公社)日本青年会議所

 経済再生グループ

  防災大国日本確立委員会 [安藤将志]

日本青年会議所の防災大国日本確立委員会に本年度出向している安藤です。地震や台風、異常気象など未曾有の災害が近年、頻繁に起こっております。災害への備えは必須であると思い出向させて頂きました。活動報告は後々させて頂きます。

 

 

北陸信越地区協議会

北陸信越ビジョン確立会議 [出向者:岩﨑正彦・望月貴弘・尾上浩一]

岩﨑正彦・望月貴弘・尾上浩一

 

日本青年会議所北陸信越地区協議会北陸信越ビジョン確立会議に副議長として出向している岩﨑です。

3月31日に地区の財政特別委員会後、松本の地で小委員会を行いました。


6月北陸信越地区協議会第一回理事長サミットin軽井沢に向け、役割分担と次回審議上程に向けて議案書の作りこみを行いました。

石川ブロック七尾JCから議長が、また長野ブロック上田JCから会議体メンバー2人が来松されルームで行いました。

松本の街で懇親会も行いました。

成功に向けて邁進します!

 

長野ブロック協議会

信州の力確立委員会 [出向者:加藤賢一]

信州の力確立委員会に出向しております。加藤賢一です。
3.11に会員拡大支援事業「新入会員でも会員拡大ができるマーケティング思考」を塩尻の地にて開催しました。
講師にスタイルプラス 村上博志先生を迎え、企業マーケティングを用いたセミナー、ワークショップを実施。お客様のためではなく、お客様だったらという視点で物事を考える事など多く学びました。松本JCからも多くのメンバーに参加して頂き、感謝しております。
今回学んだ事を活かし、今後の会員拡大に繋げていきたいと思っております。

 

信州の未来選択委員会 [出向者:赤穂大樹・石曽根健司]

日本青年会議所 信州の未来選択委員会に出向している石曽根です。

今私達は4月23日に塩尻にて行われる市民討議会に向けて準備を進めております。

ニュースでもたびたび話題になる緊急事態事項と憲法9条に関しての大切な事業です。

そんな大切な内容を市民の方々に話し合っていただき、理解していただくため模擬討議を重ねております。

デリケートな問題のため熱い議論やトラブルなども考えられる中スムーズな運営がどうすれば出来るか

メンバーが一丸となり事業を成功させようと模索しております。

 

その中で私自身あまり深く考えてこなかった「憲法」という

テーマに関わらせていただき自分の認識不足や勉強不足を感じることが出来ました。

今後も活動を重ね事業成功のため邁進していきたいと思います。

 

信州の価値発信委員会 [出向者:小松英樹・渕﨑文夫]

3月16日に塩尻JC会館にて第4回委員会が開催されました。
今回は先月、発表された2つのテーマ(インフラ整備・ブロック大会)についての進捗報告と、内容についての議論が行われました。
インフラ整備については6月に事業を行う方向で動いています。
詳しい内容・日程については後日発信させていただきます。

ブロック大会の今年のテーマは「祭り」です。
9月10日にみゆき野の地で盛大に祭りを開催したいと委員長の意向が伝えられました。
今後は長野県の各地の祭りをリサーチしていきます。
9月10日は皆様、みゆき野の地に集合してブロック大会に参加よろしくお願い致します。

 

財政局 [中野勝志・上原聖二]

副財政局長の上原聖二です。
3月14日に財政審査会議がありました。
3月11日には最初に事業である信州の力確立委員会の会員拡大事業が行われ
次々と議案や報告が上がってきて忙しくなってきたと財政局長から報告を受けております。
来月以降も与えられた役割を淡々とこなして、良い事業になる様貢献して参ります。

事務局 [三村敦]

長野ブロック協議会 事務局に出向している三村です。
3月は「三大鍛錬」の一つ「議事録の作成」を行いました。
役員会議に出席される皆様の白熱した議論が展開されました。
会議は約4時間、録音したデータはスペアも含め14GB。
いや~、この議事録を一人でやりますので本当に鍛錬でしたね・・・。
実は事務局長に「マジ無理っす・・・」と夜中に泣きの電話をしました。
やさしい事務局長は「三村さんならできる、やれる!」と励ましのお言葉をいただき、無事に議事録を作成することができました(述べ14時間・・・)。

今回議事録を作成してみて、下記の作業が必要であると痛感しました。
■議案を読み込みしっかりと状況を把握する。
毎回会議に出ていないので、状況が掴みづらいですが大事ですね。
■会議中要点をまとめておく
当たり前のことですが、録音している安心感からかサボりがちになってしまいます。

そんなこんなで、ビジネスパーソンに必要な要素を習得することができました!

現役松本JCの皆さん、このブログを見て頂いている人事部・総務部の方々。
人材育成は「長野ブロック協議会 事務局次長」で決まりです!

 

出向者連絡特別会議 2月度活動報告

各出向先の委員会の2月度の活動報告をさせていただきます。

会議体として初めてのブログ投稿なので各自の役割などのご紹介もさせていただきます。

 

(公社)日本青年会議所

 教育再生グループ

  国史教育委員会 [小林篤史]

国史教育委員会には3つの担いがあります。
「国民の祝日の認知向上」、「日本の歴史をしっかりと見つめ直せる教科書作成」そしてこの運動を発信する「サマーコンファレンス2017のフォーラム運営」の3つです。
この3事業は3つの小委員会で各自担当をします。これがLOMとの大きな違いだと感じました。

私の属している第1小委員会では「国民の祝日の認知向上」を担当しており皆様に発信させていただいた「日の丸チャリティーラン」を中心に事業を展開しております。

また2月11日「建国記念の日」には日本誕生を祝うという事で、「おむすびを食べてお祝いしよう」という新たな企画を打ち出しました。東京の明治神宮と奈良の橿原神宮で約2200個のおむすびを配布しました。

 

 

 

SNSやマスメディアにも大きく取り上げられ、産経ニュースではその日一番のアクセス数であったり、Yahooニュースにも取り上げれました。

これからも、青年会議所らしいアイディアを結集して残りの祝日もたくさんの人にその意味を知ってもらえるように運動していきます。
「日本を1ミリでもいいから絶対に動かす!」そんな気概を持って頑張ります!

 

 

北陸信越地区協議会

北陸信越ビジョン確立会議 [出向者:岩﨑正彦・望月貴弘・尾上浩一]

岩﨑正彦・望月貴弘・尾上浩一

北陸信越地区協議会
北陸信越ビジョン確立会議 出向中
・2月11日委員会(福井県鯖江市)


・2月24日小委員会(松本市)

担当の担い
6月3日北陸信越地区協議会第一回理事長サミット
1月討議・2月3月協議・4月審議 予定
・2月28日講師講演依頼&打ち合わせ(軽井沢)
ISAK(インターナショナルスクールオブアジア軽井沢)

議案書の提出がタイトで毎日作成中!

 

長野ブロック協議会

信州の力確立委員会 [出向者:加藤賢一]

信州の力確立委員会に出向しております加藤です。

当委員会では会員拡大を推進していくため、様々な視点からJCの魅力を探り、どのような手法を用いて会員拡大へ繋げるかを導き出すことでJAYCEEとしての意識向上を図り、さらには地域へJCの魅力を発進させ、地域の課題に真正面から対峙するJAYCEEを増やす行動へと繋げます。

3月11日には 会員拡大をマーケティングの視点で捉えて、会員拡大にむけて「武器」を得ることを目的として塩尻で事業を開催します。

 

信州の未来選択委員会 [出向者:赤穂大樹・石曽根健司]

赤穂大樹

信州の未来選択委員会に出向しています赤穂です。当委員会では、例年行っている憲法について考える委員会です。今年は例年と違った形で改めて憲法について考える事業を行う予定ですので、審議が通り次第こちらで告知させていただければと思います。よろしくお願いします。

出向してみての感想
出向は二年目に日本に出向させていただき、今回のブロック出向で2回目になります。一年目は委員での出向でしたが、今回は副委員長という立場での出向となります。副委員長という立場ではありますが、貴重な学ぶ機会を頂きましたので、しっかりと勉強させて頂きたいと思います。また、学んだことをしっかりとロムに還元できるように活動していきたいと思います。

 

石曽根健司

信州の未来選択委員会に出向している石曽根です。憲法委員会という事で大変難しい事業になりそうです。個人的にほとんど知識のない分野なので付いていけるよう勉強し、皆さんに伝えられるように頑張って行きたいと思います。

 

信州の価値発信委員会 [出向者:小松英樹・渕﨑文夫]

小松英樹・渕崎文夫

信州の価値発信委員会はみゆき野で行われるブロック大会と県内のインフラ整備についてのJC版地域総合戦略の策定、防災ネットワークの拡充・強化の3本立てで活動していきます。

インフラについては中部縦貫道、防災ネットワークについては松本空港を絡めての活動となります。

松本が深く関わる2項目となるので、今後の活動が楽しみです。

 

財政局 [中野勝志・上原聖二]

中野勝志・上原聖二

副財政局長の上原聖二です。
私は、各委員会から上がってきた議案書・予算書を厳しくチェックする役割を担っております。
LOMの議案書と全く書式が違い戸惑いもありますが、知識を深め全力で中野財政局長を支えていきたいと考えております。

 

事務局 [三村敦]

長野ブロック協議会 事務局に出向している三村です。
事務局の仕事は、会員会議所会議・役員会議の設え。
議事録の作成。懇親会の設えが主な業務です。
具体的に言うと、
短い設営時間の中でも、たこ足配線設置の速さ・美しさが求められる段取り力の鍛錬。
気が狂いそうな議事録作成を一人で行う忍耐力の鍛錬。
懇親会の司会進行を一度も噛まずに実施しなければならない滑舌力の鍛錬。
俗にいう「三大鍛錬」を事務局次長になれば経験することができます。
「ただの雑用じゃねーか」と思われるかも知れませんが、
この「三大鍛錬」は、ビジネスパーソンに必要な全ての要素を兼ね備えていると言った経済学者もいるほどです。
現役松本JCの皆さん、このブログを見て頂いている人事部・総務部の方々。
人材育成は「長野ブロック協議会 事務局次長」で決まりです!

 

3月第一例会のお知らせ

3月第一例会は、公開例会ではありません。松本JCメンバーとメディアの方が参加対象になります。

 

経済委員会より3月第一例会のご案内です。
3月第一例会は経済委員会が担当させていただきます。

テーマは「未来(あらた)なる商都松本」です。

 

詳細は以下になります。

————————————————————————
日時 : 2017年3月2日(木)
時間 : 19:00~20:50

(メンバーセレモニー開始 18:30~)※メディアの方の受付(19:45~)
場所 : Mウィング 6階ホール
(松本市中央1-18-1/TEL:0263-32-1132)
————————————————————————

この秋、松本イオンモール東松本がオープンし新たな経済変化が予想されます。

そのことにより多くの方々がこのまちに足を運び新たな賑わいが生まれることは
喜ばしいことですが、このまちの素晴らしい文化や伝統、

このまちだからこそ育めたモノの価値までも薄れてゆき地元企業の疲弊また地域
経済の衰退も一方で予想されます。

失われつつある地域の宝物また地元企業の存在価値をどう守っていくかを考えて
いく必要があると思います。

しかしそれはまだオモテの課題であって真の課題はそんな事ではありませんでし
た。

この数年ひとつの側面にしか着目せず、影に潜む真の課題がある事に松本市民は

気づいているのでしょうか。

このまちが抱える真の課題を明らかにし、課題解決に向けてのアクションを示し、

このまちが更なる発展に繋げていける方向性を示していきたいと考えます。

是非、多くの皆様にご参加いただきたいと思いますので

よろしくお願いいたします。

経済委員会 一同