松本JCブログ

【松本城は誰のもの?】

松本JCブログ:副理事長:小林篤史

 

【松本城は誰のもの?】

 

松本と言えば…皆さんは何を思い浮かべますか?

私は「松本城」を思い浮かべます。

 

松本城は江戸時代初期に建造され、天守は姫路城、犬山城、彦根城、松江城と共に国宝に指定されています。

そんな国宝の松本城ですが実は明治初期に天守が競売にかけられた歴史があります。

この競売で解体の危機となったお城を、市川量造氏を中心とした地元有力者が買い戻し、その後小林有也氏らによって天守保存会が設立され、大修理を経て現在も素晴らしい姿で残っています。

 

ただ、シンボルと言える松本城の活用した事業と言う面では大きなハードルがあります。

それは国宝であるが故に、議論がとても慎重かつ、前向きとは言えない方向に進みやすくなる傾向があるからではないかと思います。

 

松本城は観光客そしてインバウンドにも注目されており、連休ともなると120分待ちになることも…

 

ただ自分が思う松本城はもっと市民が集まる場所にならなければいけないと思うのです。

有り得ない話ですが、もし今、この時代に松本城が取り壊されるとなったら市川量造さんみたいな市民は現れるのか?

そんな土壌を作る為、そして市民からも愛される場所となる為にも、もっと天守や本丸庭園、公園の活用を気軽に利用出来ればいいなと思います。

 

松本青年会議所も近年お城を活用した事業があまりおこなえていません。

一石を投じるようなことを私も今後考えて行きたいと思います!

 

 

★★★

最後までお読み頂きありがとうございます。

FaceBookでも情報更新中です!

“いいね”して頂けるととっても嬉しいです!

https://www.facebook.com/matsumotojc/

★★★