jc-logo_blue

今後の事業予定

松本の空を熱くする2022

 

 

私たち松本青年会議所には大きな夢があります。世界を代表する海と山を結ぶ世界屈指の空の観光ルートの実現と、旅が始まる瞬間にふさわしい観光拠点、交流の起点となる魅力的な空港を持つことです。この夢の実現のため、これまで信州まつもと空港の国内線新規定期便就航や空港の利用促進を目指し、信州松本と沖縄宮古島を繋ぐ活動を3年間に渡り展開してきました。

 

そして2022年、世界が少しづつ前進し始めたいま、我々は松本の玄関口「信州まつもと空港」のあり方を考え、ビジョンを作る事業を行います。このプロジェクトを先導するリーダーは、私たち松本青年会議所が2019年、2020年に行った、宮古島の魅力を伝え、沖縄方面への新規就航の気運を高めるため、信州まつもと空港から特派員としてみやこ下地島空港へ向かった当日中学2年生のメンバーたち。今度は、このプロジェクトを引っ張る存在です。このメンバーに新たに中学生を加え、世代を超えたメンバーの中でのディスカッションをし、宮古島の環境を学び、宮古島の高校生とのSDGs学習を通じた交流をし、最終的には、長野県知事へビジョン提言をします。

 

夢の実現には「ビジョン」「連携」「魅力」この3つが不可欠です。地域を先導するビジョンを市民が作り上げることで多くの友情や絆が生まれ、夢の実現を後押しするでしょう。経済成長の一翼を担い、市民が愛する自慢の空港が賑わいの拠点となることで、このまちにはさらなる活気に溢れるでしょう。いまこそ、夢をビジョンに、交流を絆に、空港に魅力を。

今こそ、4年間磨き続けたこの夢を、私たちから市民へと繋ぐ時です。

 

事業概要

 

1.信州-宮古島 チャーター便事業

私たちの大きな夢、世界を代表する海と山を結ぶ世界屈指の空の観光ルートの実現に向け、信州まつもと空港からチャーター便を運行します。

○実施日 2022年11月12日(土)〜 11月14日(月)

 

2.信州まつもと空港のビジョンを市民とつくる事業

旅がはじまる空港として、信州まつもと空港はどのような空港であるべきか。観光客だけでなく、市民にとって誇りを持てる空港であって欲しいと考え、一般市民及び空港関係団体から募集したプロジェクトチームを結成し、空港のビジョンワークショップを開催し、最終的には下地島空港へ調査をしにいき、市民と共に空港のビジョンを発信します。

■ビジョン策定ワークショップ及び政策提言

■SDGs修学旅行体験及び交流

など

プロジェクトメンバー募集について
https://www.matsumoto-jc.jp/projectmember

 

3.新規就航の必要性・新規観光ルートの魅力を伝える事業

新規観光ルートの魅力、JCI松本の夢や、策定したビジョンを、テレビ番組やウェブ媒体を使い、多くの市民へ伝えていきます。

 

国際・出向者支援会議体

HOME > 今後の事業予定 > 松本の空を熱くする2022