松本JCブログ

【存在意義】

松本JCブログ:副理事長:伊藤総一郎

 

【存在意義】

 

先日の5月第一例会は「レーゾンデートル(存在意義)」をテーマにして開催されました。

 

来年、私たち松本青年会議所は創立60周年を迎えます。人間でいうと、もうちょっとしたおじいちゃんです…(笑)

 

設立当初から今までの59年間、松本青年会議所を取り巻く環境は、時代に沿って劇的に変わってきました。それに伴って、その時、その時代の変化に対応し、社会に求められることをやってきたからこそ、松本青年会議所は今日まで続いてきたのだと、私は信じています。

 

これからも、レーゾンデートル(存在意義)を考えながら、60年、そして100年とこの街のことを、よりよくする団体であり続けなければと思っています。

 

…。

 

と、何だかものすごーく堅苦しくなってしまいましたが、例会の第2部では、メンバー同士が、グループに分かれ、私たちの住むこの街がより良くなるにはどうしたらいいのか、をディスカッションする形式で行われました。やっぱり未来のことをあーでもない、こーでもないと皆で考えるのは楽しいですね。実現できそうもない、突拍子もないアイディアもたくさん出ていたように思います。でも、今は当たり前のようになっている事だって、昔は同じような部類のアイディアだったのではないでしょうか?

 

楽しく、真剣に語り合っているメンバーの姿をみて、この街の未来に何だかワクワクしている自分がいました。

 

皆さんも、私たちの仲間になって、この街の未来について語り合ってみませんか?

 

★★★

最後までお読み頂きありがとうございます。

FaceBookでも情報更新中です!

“いいね”して頂けるととっても嬉しいです!

https://www.facebook.com/matsumotojc/

★★★